光と緑の美術館〜相模原〜 光と緑の美術館は、相模原市上溝在住の鈴木正彦(相模原土地開発株式会社及びゼストテニスクラブ代表)が、平成6年(1994年)11月26日に設立した市内で初めての個人美術館です。現館長の亡父鈴木彰一が残した数十点の日本画を基盤として出発し、現在はイタリア近・現代美術を中心に収蔵、展示しております。今年で開館から17年目を迎え、これまで各方面の方々のご支援ご協力を賜わりながら、独自の企画展、収蔵品展、講座、イベントなど多彩な活動を行っております。

企画展は、
■イタリア現代美術の紹介■
■現代日本人作家の紹介■

開館して以来今日まで、開館記念特別展『ペリクレ・ファッツィーニ展』(1994.11.27.〜1995.1.29) を始めとして、『モディリアーニ-その人生の軌跡』(1996.10.5〜12.25)、『ジャコモ・マンズー 愛と平和展』(1997.11.2〜1.15) 『静かなる時の流れのなかで ジョルジョ・モランディ 花と風景』(1998.12.5〜1999.2.14)などの特別展を開催し、多くの皆様にご来館いただいたばかりでなく、美術関係者やマスコミ各社からもご注目をいただきました。

現在、相模原市は横浜、川崎に次ぐ神奈川県第3の都市に数えられております。これから急激に発展していく中で、自分なりの価値観を互いに大切にしていく心が重要視されてきていると思われます。その感性を育むためにも、芸術や文化に触れ、親しむ機会を多くの方々にご提供したいと願うとともに、それが私ども「光と緑の美術館」の基本理念となっております。
「太陽の光や自然の緑が人間にとって不可欠なものであるように、芸術作品も私たちにとって無くてはならない身近な存在であることを地域の人々に感じて欲しい」
この考えの基に当美術館はこれまで歩んで参りました。そして今後は相模原市のみならず、様々な地域の方々にもご来館いただき共感の輪を広げていきたいと願っております。


光と緑の美術館〜相模原〜

光と緑の美術館〜相模原〜
   
光と緑の美術館〜相模原〜  
 
光と緑の美術館〜相模原〜光と緑の美術館〜相模原〜光と緑の美術館〜相模原〜
 
平面図
  会場 神奈川県相模原市中央区横山3-6-18 〒252-0242
  電話・fax tel.042-757-7151 fax.042-757-9491
  開館時間 10:00−18:00
  休館日 月曜日(年末年始、展示替期間)
  入館料

【収蔵コレクション展】
・一般250円、高・大・65才以上は100円、中学生以下無料
【企画展】その都度変更しますので展覧会情報で御確認下さい。

    ■無断転用を禁じます。
■このホームページへのリンクをご希望の際は、E-mailでご連絡をお願いします。

■Created by Light and Greenery Art Museum.

Designed by Kozo Yokoi

 

    

Home Exhibition  Event Event Report Museumgoods Map Linkリンク集